着物類の遺品と収納品の処分

着物類の遺品と収納品の処分

着物類などは、思い出のつまったのもがたくさんあり、いつかは着ることができるのでと思いしまい込んでしまい、たんすなどにしまい込んでしまいます。そのような状態で年月を重ね、当時高価なものであっても、価値観や好みの異なる着物は、使われず遺品として残ってしまいます。高額な着物類であっても、使用されないままでは、何の価値もなく、ただ不要品となり処分するようになってしまいます。遺品となる前に、その価値が落ちてしまわないうちに欲しい人にあげたり、リサイクルショップに売却し、欲しい人、必要な人に買ってもらい再デビューすることで着物の価値が高まります。数々の遺品が不要品とならないためには、現在使っているか、いないかを基準で処分を考えることでです。遺品の分類に迷ったらジャンル別に一時保管して置き、一年を目途に必要品と不要品に分類します。どうしても迷うときには、再度、一時保管し保管箱に内容物と日付を表示し邪魔にならず、比較的目につきやすい場所に保管しておきます。保管期間に使う見込みがなく、プレゼントできそうなものとリサイクルショップに回せるものに分類します。活用できそうのないものは、ここで資源ごみ回収処分に回すようにすることで気持ちの整理もつきます。